三角形の家

家を建てるために必ず土地が必要ですがその土地が必ずしも住宅に適した四角形の土地とは限りません。

異形の立地条件でのNK工法 NK工法のお客様にもそんな異形の立地条件の中で家を建てなければならない方がよくございます。
異形の家をプランニングする際に一番困難な事が、耐力壁の配置です。
普通の家では四方にバランス良く耐力壁を配置できますが、異形の家ではそうはいきません。
構造計算の世界では斜めの壁はほとんど耐力壁とみなす事ができないからです。
この案件は完全な三角形でしかも3階建てという困難なプランですが、NK工法で構造計算をすることによって実現可能となりました。

異形の立地条件でのNK工法

既にプランが確定している物件を弊社に持ち込まれても、構造計算が成り立たなければNK工法ではお請けできなくなるケースがございます。 NK工法では、すべての物件においてお見積りの段階から自社で構造計算(許容応力度計算)を行い全ての梁・柱を検証し、水平剛性などもチェックして躯体を安全にご提供できるようにしております。 建てるか建てないのかまだ判らない物件でもかまいません。 構造提案を行いながら、お施主様の自由なプランのお手伝いをいたします。 事前相談に費用は一切掛かりませんので、お気軽にご相談ください。

NK工法で建てた物件を見る
幼稚園・保育園・認定こども園
教会・寺社仏閣
店舗・商業施設・社屋・クリニック
狭小地・門型フレーム・異形の立地
一般住宅事例