NK工法で大空間・自由設計をサポートします

Q & A
よくある質問
Q

NK工法ってはじめて聞くけど在来工法と何が違うの・・・?

「集成材」と「NK金物」を使い、地震に強く、木の特質を最大限に生かした工法です。

在来工法では梁や柱を継ぐための大きな欠き込みがあるため、
地震時にその欠き込み部分が弱点となります。

NK金物を使えば、梁や柱の欠き込みが少なく
接合部そのものの強度が増します。
詳しくは、「構造用集成材」と「NK金物」をご覧ください。
Q

阪神・淡路大震災時に家が倒壊して非常に怖い体験をしましたが、NK工法の家はどうなんでしょうか?

NK工法は建物すべてについて設計段階からマンションなどで使用する許容応力度計算による構造チェックを行っており、一般木造住宅よりはるかに厳しいチェックをクリアした安全な家となっております。

NK工法は建物全てについて設計段階からマンションなどで使用する許容応力度計算による構造チェックを行っており、一般木造住宅よりはるかに厳しいチェックをクリアした安全な家となっています。

ちなみに、公共の建築物には、「学校や体育館の難所施設は耐震等級が2以上」
「病院や消防署の救護施設は耐震等級が3以上」と、耐震強度が法律で定められています。NK工法はお施主様のご要望で耐震等級を1~3まで自由にお選びいただけます。詳しくは、「許容応力度計算」をご覧ください。

Q

自由設計ってほんと?

お任せください。NK工法では許容応力度計算により自由な間取りを実現可能です。

一般的な住宅の場合は、耐震性を高めるために多くの柱と筋交いや耐力壁が必要になり、内部の間仕切り壁も構造体の一部として設計しなければなりません。NK工法では許容応力度計算をすることにより、スケルトンインフィルが可能になり一番シンプルな構造をお施主様にご提案致します。

スケルトン部分(主要構造部分)はそのままにしておき、インフィル部分(内装部分)をお客様の家族構成やライフスタイルの変化に伴って何度でも間取りを変更していただけるようになっています。

Q

急いで建てたいのですが?

NK工法+外壁のパネル化により工期短縮可能です。

一般的な在来工法では各接合部に補強金物を取り付ける手間がかかります。
しかしNK工法はこうじょうで接合部の金物を取り付けて納品し、現場ではピンを打ち込む作業だけとなり施工時間を短縮できます。
さらに通常現場で大工さんが施工する外壁部分をパネル化することにより工期を短縮することができます。
尚且つ、中間検査も早く受けることができ、雨仕舞にも有効です。

Q

集成材が木を貼りあわせたものだと聞いて、大丈夫かな?と思っています。
集成材の接着剤は剥れてきたりしませんか・・・?

大丈夫です。無垢材と比較しても1.5倍の強度があります。集成材とは材料を十分に乾燥させた板を何層にも貼り合せた材料で、JAS規格による厳しい検査をクリアした物です。

集成材は100年前にドイツで既に特許が認められており、80年以上経過した建物が現存しています。 北欧では古くから駅舎や博物館など大きな構造建築物にも使われていて、それらは今より低レベルの接着剤です。

現在集成材で使用される接着剤は、野外施設や体育館などでも多く使用されるほどの強度と安定性があります。ちなみに自衛隊の掃海艇(そうかいてい)は構造用集成材によって製造されており、長年使用した掃海艇を解体してみたところ接着部でも強度低下は全くなかったそうです。

詳しくは「構造用集成材」をご覧ください。

Q

接着剤は健康に悪くないのですか?

NK工法で使用している材料の全ては、
集成材も合板もF☆☆☆☆で安心です。

F☆☆☆☆(フォースターとは)
日本工業規格において定められているシックハウスの原因となるホルムアルデヒド等級において最上級規格となっており、最もホルムアルデヒドの放散量が少ない建材となっております。

Q

NK工法についてもっと知りたい

いつでもご覧いただけます。NK工法ではプレカット工場の見学を行っています。実際の加工の様子をご覧いただけます。

お施主様のご訪問日に合わせてお施主様の家の木材を加工しているところをご覧いただけます。※弊社のスケジュールによりご希望に添えない場合がございます。

詳しくは「工場見学」をご覧ください。